しあわせ★子育てNavi

気ままに、はっぴーな生活を。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

挿し芽での増やし方と薬剤。

こんにちは😊
今日も、朝から良い天気ですよ(*´∀`)

ウキウキですね✨

良い天気の時は、
お庭に出ましょう❤️

ということで、
今日は、

挿し芽の方法と発根率をアップさせる薬剤を紹介♪



今回は、
アンゲロニアの挿し芽をします。

このアンゲロニアは、
お庭のお手入れをしていたら
ポロっと落ちてしまって…


もったいないので挿し芽で増やしちゃいます❤️❤️❤️✨


まずは、
根っことなる方は葉を落とします。
(3節分くらい)

上の方は
2節分くらい葉を残せる長さに切ります。
(葉っぱ4枚くらいになるように)

なので、

全体の長さは
だいたい5節分(10センチ)くらいです。

あまりにも短い場合は、
上下もうちょっと長くして大丈夫です。
調整して下さいね(*´∀`)

下の方は、写真のように
斜めに切って下さい♪

ちなみに、
私は葉っぱを落とすときは
手でぶちぶち落とすし、
切るときは工作用のハサミという適当な感じですが…(^^;

ちゃんと育っております🙆

でも、自己責任でお願いしますね😆


さっきの枝から5つ分できました✨


ここで使うのが、
メネデールです。
これを使うと、発根しやすくなります✨


水とメネデールが入ったバケツで1時間以上浸して下さい。

でも、数日放置はダメですよ😺

メネデールは、
適当にキャップ1杯くらいいれてます(*´ω`*)
使い方としては、
1リットルにキャップ1杯だそうです✨

次に使うのが、

ルートンです。


浸しておいたものを取り出して、ルートンを下の方につけます。

つけすぎは良くないそうなので、軽めにつけて下さい♪




さっきのを、
ポットに入れた鹿沼土(かぬまつち)に挿します。
鹿沼土は、あらかじめ湿らせておいてください😌

挿すときに、
ぐにゃとなりそうな時は、
つまようじみたいなもので小さな穴を作って挿すと上手にできます。

まわりのものも、
今うちで育成中の挿し芽苗です(*´ω`*)

土は、
挿し芽専用の土なんかも売っていますが、
私は、これで成功してるので大丈夫です。
他にも、
赤玉土(小粒~中粒)もよく使われます。


鹿沼土はこんなのです。↓



1つのポットに
5つ全て挿しました😌

これも、
大きさによって違ってくるので、
葉が重なりすぎないようにしておけば
大丈夫です。

ここまできたら、
あとは根が出るまで水やりを忘れず
待ちましょう✨

発根までは、だいたい2週間


でも、
遅いこもいるので
焦らずゆっくりいきましょう!

春や秋の季節だと、
そんなに乾かないので、
水やりは様子をみながらあげてください。
毎日じゃなくても大丈夫です。

でも、夏は
朝夕水やりしてもしおれちゃうことがあります。

上の写真にもちょっと写ってますが、
管理しやすいように、ポットを
書類入れ?みたいなものに並べてます。

これです。


さいごに!


根が出たか気になってみてみたくなる気持ちはわかりますが、
あんまり触らないよう気をつけて下さいね
😊

それでも気になる時は、
少し上に上げてみてください。

そのときに、
鹿沼土が動くようだったら
結構根が出ています。

すぽっと抜けそうになるのは、
まだまだなのでこの時に動かしてはいけませんよ🙆✨



ランキングに参加しています。
よかったら、
クリックお願いします(*´∀`)

にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ

ガーデニングブログランキング





関連記事
スポンサーサイト

 ガーデニング

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。